2007年10月13日

ニッセイ 損保

「損害保険」という保険があるのは知っていますか?偶発的な事故や、自然災害など、避けられないリスクによって生じた損害を補償するものです。 損害保険には、様々な種類があるのは知っていますか?有名なものには「自動車保険」「火災保険」「地震保険」「傷害保険」などがあります。 「自動車保険」とは、自動車の使用に伴う損害を補償する保険。「火災保険」とは、建物や建物内に収容された物品の、火災や風水害による損害をカバーする保険



あまり知られていないことですが「損害保険」には2つの分野があります。「ノンマリン分野」と「マリン分野」です。 「損害保険」に入る意味は、損害を受けた場合の救済です。損害を受ける可能性の高いものをしっかり把握しておくことが大切です。 「マリン分野」では、たとえば、「船舶保険」「運送保険」「貨物保険」などの海上保険から構成されているのです。


それ以外の、自動車保険、火災保険、傷害保険、新種保険、積立保険、などの保険のことを、「ノンマリン分野」と言っています。 また、契約時、「告知義務」や「通知義務」を正しく行うことが必要です。違反すると、保険契約の解除、事故がおきた場合に、保険金が支払われない場合があります。 しっかりと設定されているルールは守り、義務を果たし、万が一の備えをきちんと受け取れるしておきましょう。


posted by カーミット at 12:48 | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。